ベビーシッターの選び方

ベビーシッターの選び方

ベビーシッターを利用したいと思ったら、シッター選びは慎重に行う必要があります。
海外ではベビーシッターは一般的なサービスになっているので、使用している人も多いものですが、日本ではまだそのサービス自体が浸透していないので、法整備も整っていません。


保育園での保育士のような資格も必要がないので、誰でもベビーシッターになることができます。そのため、シッターを管理している運営者によって、登録の際に厳しい条件を設けている場合も多くあります。
ベビーシッターを利用したいと思ったら、厳しい条件を設けている管理所を利用したほうが安全です。
また、シッター用の専用資格はありませんが、同じ保育という面で、保育士の資格を持っていたり、チャイルドマインダーの資格を持っている人を選んだほうが、育児に対しての知識が豊富なので、安心して子供を預けることができます。

マイナビニュースに関しての情報が閲覧できます。

利用料に関しても、それぞれの運営所によって判断が任されています。ベビーシッターの場合、保育する場所は基本的には依頼者の自宅が多く、保育所を設ける必要がないので、かかる費用は人件費のみになります。最近では価格競争も始まっているので、ほとんどの営業所で統一価格のような状態になっています。



価格が一緒でも、万が一のけがなどの場合の保証の面はそれぞれ異なっています。
保証がしっかりとされていると、万が一けがなどをしてしまっても安心です。シッターの質や保証面のチェックをしっかりとしましょう。

鋭い観点からベビーシッターに関する情報を提供中です。

  • 大事な生活の事

    • 共働きで忙しい時はベビーシッターを利用して子供を任せると良いです。ベビーシッターは0歳〜中学生くらいの子供の面倒を見てくれるサービスです。...

      detail
  • 生活をよく学ぶ

    • 人材不足で注目されているベビーシッターになるには、保育士や幼稚園の教諭と異なり、特別な資格は要りません。保育士や幼稚園教諭の資格を持っている人がベビーシッターをしていることもあります。...

      detail
  • おすすめ情報

    • ベビーシッターは親に代わって赤ちゃんの保育をする仕事ですが、どのようにすればなれるかご存知でしょうか。実は公的な資格はありません。...

      detail
  • 知っておきたい情報

    • ベビーシッターが身近な存在となった今の時代では、我が子を預けて働きにいくという人も多くなりました。数多くのベビーシッターの会社があり、個人で行なっている人もいるのでいざ選ぶとなればどこにするのかで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。...

      detail